2014年07月03日

ネットビジネスにはメールアドレスの収集が不可欠

この方法は他にやっている人
が少ない方法なので、ぜひ、
試していただければと思います。


その方法とは無料レポートを
使って、読者を集める方法です。


もしかして、この方法って、
無料レポートスタンドのこと?


あなたはそう思うかもしれません。


ですが、今回はひと味違います。


今回、お話するのはSlideShare
というサービスを使って読者を
集める方法です。


SlideShareというサービスは
無料レポートやプレゼン資料を
インターネット上に公開できる
サービスです。


http://www.slideshare.net/


分かりやすく言うと、YouTube
の無料レポート版といったとこ
ろでしょうか。


よくYouTubeの動画説明欄に
メルマガへのリンクが貼られて
いるのを見かけると思います。


これは動画に興味を持った人
にメルマガ登録してもらうと
いう一つの仕掛けです。


SlideShareも原理は一緒です。


つまり、無料レポートの一部
を公開して、続きを読みたい
人はメルマガ登録を...といった
具合に仕掛けをおくわけです。


でも、海外のサイトだから、
登録してくれる人はいないの
では...


そう思うかもしれませんが、
読者が集まる理由が2つあり
ます。


一つ目は、


SlideShareのサイト自体が
SEOに強いため、公開した
レポートが検索結果に出るよ
うになるということです。


これはSEOに強いドメイン
の直下のページはSEO的に
かなり有効だからです。


ちなみにAmazonのインス
タントストアを使ってアフィリ
エイトサイトを作る人が多い
のもこのせいです。


また、公開したレポートに
対してキーワードを設定する
ことができるので、キーワード
を狙うことも可能です。


二つ目は、


YouTubeのように公開した
レポートをブログやサイトに
埋め込むことができるという
ことです。


これは、ブログやサイトに
訪れた見込み客に対して、
メルマガ登録に促す効果が
あります。


レポートを見ていったら、
最後に続きはメルマガで...
とでるわけですから、興味
を持った人が登録していく
わけです。



つまり、SlideShareは、
Googleなどの検索結果から
見込み客を集める。


さらには、ブログやサイト
に埋め込むことで、興味を
持った人のメールアドレス
をスムーズに獲得できる。


ということです。


SlideShareは読者を集める
だけでなく、アイデア次第で
いろんな使い方ができますので、
ぜひ、活用していただければと
思います。


SlideShareの使い方に関しては
メルマガにて詳しく説明しています。
⇒ http://www.virtualinformer.com/mailmaga/af/index.html


【関連する記事】
posted by すすむ at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | メールアドレス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。