2015年01月18日

1人勝ち

1人勝ちとは、
あなたをブランド化し、他の人を
寄せ付けないようにする方法、と
いうことです。


ブランディングとは、見込み客の頭の
中にブランドを築きあげることです。


そして、ブランドを築きあげること
ができることで、大きく売上を上げる
ことができます。


例えば、


シャネル、フェラーリ、ロレックス、
スターバックス...


きっと、これらの名前を聞いて、
こんなことを想像すると思います。


ロレックスと聞けば、高級時計。


フェラーリと聞けば、赤い高級
スポーツカー。


まさにこれがブランドの力です。


たとえ、同じ商品だったとしても、
ブランドがあるだけで購買意欲を
かき立てる。


ブランドがあるだけで1万円の商品
が10万円になる。


ブランディングとはマーケティング
の中でもとても強力かつ影響力をもつ
コンセプトです。


でも、実際に自分でやるとなると...


・資金力がなければ厳しいのでは...
・個人では難しいのでは...


そう思うかもしれません。


ですが、心配は入りません。


もちろん、一夜でブランドが出来上がる
ものではありませんが、ある法則を意識
することで、誰でもブランドを構築する
ことができます。


その法則とは...


現代マーケティングの第一人者と
言われているアル・ライズが提唱した
ブランディング22の法則です。


彼はブランディングのプロとしても
有名ですが、自分の娘と2人で共同
経営していることでも有名です。


これ自体がブランディングの一つ
だと思いますが...


彼のサイトでは、ブランディングに
関するテクニックをたくさん紹介して
いるので、とても参考になります。

ブランディング22の法則



彼の手にかかれば、単なるハンマー
も爆発的に売れるようになります。


ブランディング22の法則



22個の法則をすべて紹介することは
できませんが、今日は3つの法則を紹介
したいと思います。


1、色調の法則
2、収縮の法則
3、言葉の法則


それでは入っていきましょう。


------------------------------
1、色調の法則
------------------------------


これは色によって、ブランドを際立た
せる方法です。


例えば、

ティファニーの箱の色が独特の緑
かかったブルー。

ポカリスエットのボトルはブルー。


一貫性をもった色を使うことで、
ブランドを見込み客の頭の中に焼き
付けることができます。


・白は清純を表す色
・黒は贅沢を表す色
・青はリーダーシップを表す色
・赤はエネルギーを表す色
・緑は環境や健康を表す色


商品やサービス、自分の雰囲気に
あった色に照準を合わせることが
大切です。


また、ライバルと反対の色を使う
のも一つの方法です。


------------------------------
2、収縮の法則
------------------------------


この法則はカテゴリーを絞り込むと、
ブランドが強力になるというものです。


分かりやすく言うと、カテゴリーを
広げるのではなく、一つに絞り込み
そのカテゴリーを支配するという
ことです。


コーラは世界市場の70%のシェア。


マイクロソフトはOSの89%のシェア。


このように1つのカテゴリーに絞り込む
ことが大切です。


守備範囲を広くするのではなく、
小さなカテゴリーや一つのカテゴリー
で独自のポジションを築く。


そして、そこから守備範囲を徐々に
広げていく。


とにかくニッチでもいいので、
一番を目指すということです。


------------------------------
3、言葉の法則
------------------------------


これはブランドと言葉をひもづけ、
見込み客の頭の中に言葉をイメージ
させるということです。


BMW=運転して心地よい車
クリネックス=ティッシュ
モンブラン=高級万年筆


つまり、●●と言ったら○○とイメージ
やカテゴリーを連想させるという
ことです。


それとなく表す表現を見つけて、その
メッセージを一貫して打ち出していく
ことが大切です。


そうすることで、そのメッセージが
あなたのブランド構築へ繋がっていきます。



いかがでしょうか?


ブランディングは最も影響力をもつ
マーケティング手法です。


それ以外にも、


信頼力の法則や形状の法則、一貫性
の法則など全部で22の法則があります。


ブランディングをしっかり身につける
には、アル・ライズの本を手に取って
いただければと思います。


一章に一つの法則といった具合に
分かりやすく解説しています。


この1冊だけあれば、ブランディング
についてはすべて網羅できますので、
ぜひ、チェックしてみてください。

ブランディング22の法則
posted by すすむ at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

最強のスキル

ビジネスをやる上で、必要なスキル
はたくさんあると思います。


とくにビジネスをインターネットで
やるでのあれば、より多くのスキルが
必要だったりします。


パソコンをある程度、使えることは
もちろんのこと、HTMLやデザイン、
マーケティング、SEO...


簡単にできるように思えて、意外と
必要なスキルが多かったりします。


ですが、すべてを完璧にマスター
する必要はありません。


なぜなら、自分に足りないものは他の
人に補ってもらえばいいからです。


ですが、これだけはしっかり学んだ
方がよいスキルがあります。


それは、文章を書くスキル。


つまり、コピーライティングです。


ビジネスは文章がそのほとんどを
支配していると言っても過言では
ありません。


コピーライティングは単に文章を
書くための能力ではありません。


文章の力で人を動かすことができる
スキルです。


まさにこのようにです。


コピーライティングの恐ろしさ



文章の力で人を動かすことができると
いうことを表現した、いい例だと思います。


・売れる文章を書きたい
・セールスレターの成約率を高めたい
・メルマガの反応率を高めたい
・広告やDMの費用対効果を高めたい


そう思っているあなたにはこの
レポートがおすすめです。


コピーライティングの基本的な概念を
きっちり押さえたレポートです。

最強のスキルコピーライティング


posted by すすむ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

売れないメルマガの理由

最近、メルマガに関する
質問や相談をたくさんいただきます。


そして、そのほとんどがメルマガを
始めましたが、なかなか売上が上が
りません、というものです。


メルマガはどんなビジネスにも
使える万能のツールです。


ですが、その反面、使い方を間違え
ると、全く結果が出ない。


こんなこともよくあります。


売上が上がらない原因はたくさん
あると思います。


ですが、大きな原因は2つです。


1、読者さんの役に立っていない
2、コンテンツと広告のバランスが悪い


この2つを改善することで、間違い
なく結果が出てきます。


それでは詳しく解説したいと思います。


------------------------------
1、読者さんの役に立っていない
------------------------------


メルマガはテレビやラジオと一緒で、
自分で持つことができるメディアです。


なので、視聴率の悪いテレビ番組が
なくなるのと一緒で、役に立たない、
あるいは、面白くないメルマガは売れ
ません。


当たり前といえば、当たり前ですが、
とても重要なことです。


では、役立つメルマガを書くには、
どうすればいいのでしょうか。


答えは簡単です。


自分が書きたい記事を書くのではなく、
読者さんが読みたいと思う記事を書く。


そして、それを誰でも分かるように
シンプルにあなたの言葉で書く。


これだけです。


読者さんが唯一、興味があること。


それは読者自身のことです。


なので、読者が何を望み、何に悩んで
いるのかをリサーチして、その解決策
を提供しなければなりません。


読者さんにとって役に立った結果、
少し遅れて売上がついてくると覚え
ていただければと思います。


それと前にも紹介したので、すでに
持っている方も多いと思いますが、


役立つコンテンツの書き方について
はこの本がおすすめです。


いい本なので、返金する人はいないと
思いますが、一応、返金保証もついて
ますので、リスクはゼロです。


まだでしたら、手に取っていただけ
ればと思います。


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4532605377/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4532605377&linkCode=as2&tag=muryoudekaseg-22




------------------------------
2、コンテンツと広告のバランスが悪い
------------------------------


これはメディアビジネスの基本です。


4大メディアというとテレビ、雑誌、
ラジオ、新聞になりますが、メルマガ
やフェイスブック、ブログなども同じく
メディアになります。


そして、どのメディアもそうですが、
メディアを使ったビジネスは基本的に
2つの要素によって成り立っています。


その2つとは、コンテンツと広告です。


テレビで例えると、番組はコンテンツ、
広告はコマーシャル。


テレビに限らず、雑誌や新聞にも
同じく記事と広告があります。


これはメルマガも一緒です。


ここで大切なのは、コンテンツと
広告のバランスです。


例えば、


楽天などで商品を買ったりすると、
買ったお店から商品がずらっと並んだ
メルマガが届いたりしますが毎回、
読む気になるでしょうか。


それ意外にも、


3分に1回、CMが入るようなCM
ばかりのテレビ番組があったら、
どうでしょうか。


きっと見る気がしないと思います。


もっと言うと、


気になる異性に対して毎日、好きです、
愛してます...ってメールを送ってたら
相手はどう思うでしょうか。


きっと、いつしかメールを開くこと
すらしなくなると思います。


つまり、何が言いたいのかと言うと
コンテンツのない広告は読まれない、
ということです。


このことを知っていると、自然と
メルマガの使い方も分かってくる
と思います。


一度、読まれなくなったメルマガを
再度、読んでもらうのはとても労力
がかかります。


なので、送る前にしっかり広告と
コンテンツのバランスを考えて送る
ようにしていただければと思います。


それと、1通目のメールは2通目を
読んでもらうためのメール。


そして、2通目のメールは3通目を
読んでもらうためのメール。


このようにメールは繋がっていると
考えると、自然と送るメールの質も
高まっていきます。売れないメルマガの理由


というもの最近、メルマガに関する
質問や相談をたくさんいただきます。


そして、そのほとんどがメルマガを
始めましたが、なかなか売上が上が
りません、というものです。


メルマガはどんなビジネスにも
使える万能のツールです。


ですが、その反面、使い方を間違え
ると、全く結果が出ない。


こんなこともよくあります。


売上が上がらない原因はたくさん
あると思います。


ですが、大きな原因は2つです。


1、読者さんの役に立っていない
2、コンテンツと広告のバランスが悪い


この2つを改善することで、間違い
なく結果が出てきます。


それでは詳しく解説したいと思います。


------------------------------
1、読者さんの役に立っていない
------------------------------


メルマガはテレビやラジオと一緒で、
自分で持つことができるメディアです。


なので、視聴率の悪いテレビ番組が
なくなるのと一緒で、役に立たない、
あるいは、面白くないメルマガは売れ
ません。


当たり前といえば、当たり前ですが、
とても重要なことです。


では、役立つメルマガを書くには、
どうすればいいのでしょうか。


答えは簡単です。


自分が書きたい記事を書くのではなく、
読者さんが読みたいと思う記事を書く。


そして、それを誰でも分かるように
シンプルにあなたの言葉で書く。


これだけです。


読者さんが唯一、興味があること。


それは読者自身のことです。


なので、読者が何を望み、何に悩んで
いるのかをリサーチして、その解決策
を提供しなければなりません。


読者さんにとって役に立った結果、
少し遅れて売上がついてくると覚え
ていただければと思います。


それと前にも紹介したので、すでに
持っている方も多いと思いますが、


役立つコンテンツの書き方について
はこの本がおすすめです。


いい本なので、返金する人はいないと
思いますが、一応、返金保証もついて
ますので、リスクはゼロです。


まだでしたら、手に取っていただけ
ればと思います。


最も参考になる本




------------------------------
2、コンテンツと広告のバランスが悪い
------------------------------


これはメディアビジネスの基本です。


4大メディアというとテレビ、雑誌、
ラジオ、新聞になりますが、メルマガ
やフェイスブック、ブログなども同じく
メディアになります。


そして、どのメディアもそうですが、
メディアを使ったビジネスは基本的に
2つの要素によって成り立っています。


その2つとは、コンテンツと広告です。


テレビで例えると、番組はコンテンツ、
広告はコマーシャル。


テレビに限らず、雑誌や新聞にも
同じく記事と広告があります。


これはメルマガも一緒です。


ここで大切なのは、コンテンツと
広告のバランスです。


例えば、


楽天などで商品を買ったりすると、
買ったお店から商品がずらっと並んだ
メルマガが届いたりしますが毎回、
読む気になるでしょうか。


それ意外にも、


3分に1回、CMが入るようなCM
ばかりのテレビ番組があったら、
どうでしょうか。


きっと見る気がしないと思います。


もっと言うと、


気になる異性に対して毎日、好きです、
愛してます...ってメールを送ってたら
相手はどう思うでしょうか。


きっと、いつしかメールを開くこと
すらしなくなると思います。


つまり、何が言いたいのかと言うと
コンテンツのない広告は読まれない、
ということです。


このことを知っていると、自然と
メルマガの使い方も分かってくる
と思います。


一度、読まれなくなったメルマガを
再度、読んでもらうのはとても労力
がかかります。


なので、送る前にしっかり広告と
コンテンツのバランスを考えて送る
ようにしていただければと思います。


それと、1通目のメールは2通目を
読んでもらうためのメール。


そして、2通目のメールは3通目を
読んでもらうためのメール。


このようにメールは繋がっていると
考えると、自然と送るメールの質も
高まっていきます。


大切なことなので、ぜひ、覚えて
いただければと思います。






大切なことなので、ぜひ、覚えて
いただければと思います。


posted by すすむ at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。