2014年11月06日

斬新なアイデアを生み出す方法

アイデアを生み出すことはあなた
を劇的に進化させる方法の一つです。


新しいビジネスのアイデアもそうで
すが、コンテンツを作るときや戦略
を立てる上でも大切になってきます。


アイデアを生み出す方法はたくさん
ありますが、その中でも大切な考え方
を3つ紹介したいと思います。


その3つとは、

1、常識を疑ってみる
2、他の方法を考えてみる
3、組み合わせる

になります。


それでは解説していきましょう。


------------------------------
1、常識を疑ってみる
------------------------------


これは当たり前と思っていることや
できないと思っていることを疑って、
どうすれば取り除けるか考えてみる
ということです。


よくあるフリーペーパーなどは典型的
な例です。


雑誌 = 書店やコンビニなどで買うもの


有料でなければならないという概念
を取り除いて、無料にしているわけです。


その結果、お客様からではなく、広告主
から収益を得ることで成り立つビジネス
が出来上がったのです。


常識とは大多数の人が正しいと思って
いることです。


逆に非常識とは、少数の人が正しいと
思っていることです。


年収2000万円以上の人が全体の0.4%
という事実があるように、成功する
ためには少数派に入らなければなり
ません。


今までの常識や慣習にとらわれず
思いつく限り考えることが大切です。



------------------------------
2、他の方法を考えてみる
------------------------------


これは良いアイデアを生み出すため
のエクササイズでもありますが、一つ
の事実から、複数の方法を考えると
いうものです。


例えば、目の前にレンガがあった
とします。


そして、レンガの使い道をできる
かぎり多く考えます。


家を建てる、暖炉を作る、庭を作る、
壁を作る、人を殴る...


このようにいろいろなアイデアが
出てくると思います。


最初のうちは誰でも思いつくような
アイデアばかりですが、大切なのは、
より多くのアイデアを出すことに
慣れるということです。


メルマガ一つとっても人によって
使い道は異なります。


使い道を30通り出すと最初に決めて
やると、より効果的なので、ぜひ、
試していただければと思います。


------------------------------
3、組み合わせる
------------------------------


これはすでにあるものを組み合わせる
というやり方です。


一見、平凡なアイデアも組み合わせる
によって、斬新なアイデアになったり
します。


実際、人間の脳は複雑な概念を理解
できるかと思えば、単純明快なこと
に気づかなかったりするものです。


例えば、アイスクリームが発明され
たのは、紀元前2000年。


ところがアイスクリームのコーン
を発明したのは、それから3900年
も後のことです。


それ以外にも、


水洗トイレがつくられたのは、
1775年ですが、トイレットペーパー
が作られたのは、その82年後。


パンが焼かれていたのは、紀元前
2600年。そのはるか前には肉を
焼いていました。


ですが、この2つを組み合わせて
ハンバーガーを作ったのは、それ
から4300年後です。


どれもいったん組み合わせてしま
えば、当たり前なものです。


ですが、このように結びつけられて
ないものがたくさんあります。


とくにビジネスの世界では無数に
存在します。


他業種で当たり前のように使われて
いる集客方法が業種が異なるだけで
使われてなかったり...


そんなことはよくあります。


他業種の成功事例から組み合わせ
られるものはないかどうか。


今あるものを組み合わせることで、
斬新なものができないかどうか。


情報と情報を組み合わせて新しい
ノウハウを見つけ出せないかどうか。


組み合わせは一番、簡単な方法
なので、ぜひ、考えてみてください。


ビジネスをやる上で、他の人がやって
いないような新しいアイデアを生み出す
ことはとても大切です。


1、常識を疑ってみる
2、他の方法を考えてみる
3、組み合わせる


アイデアに困ったときはこの3つの
方法を試していただければと思います。


よりアイデアを生み出す力を勉強
したい場合はこの本がおすすめです。


ぜひ、チェックしてみてください。


アイデアのちから

posted by すすむ at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほとんどの人が知らない心理的なトリガー

心理的トリガーとは、お客さんの
心に働きかけて、心を動かす。


そして、ついには購入を決めさせ
てしまう最強の武器です。


これを使うことで、商品やサービス
の購入率を高めることはもちろん。


・メルマガの反応率を高める
・広告の反応率を高める
・お客さんからの信頼を得る


などなど。


いろんなシーンで役立ちます。


巧妙な心理的なトリガーはたくさん
ありますが、これらは知っておく
だけで、強力な武器になります。


例えば、フューチャーペーシング
と言われるもの。


これにはいろんな使い方があります
が、商品やサービスによって得られる
未来をより鮮明にイメージさせる。


それによって、結果的に購入に結び
つけるというものです。


それ以外にもリンキング。


これはあなたの売ろうとしている
商品やサービスと、お客さんがすで
によく知っているものと関連づけて、
商品の理解度を高めるものです。


このように簡単にできて、実践
すればすぐに結果につながるような
心理的トリガーはたくさんあります。


使えそうなものはこちらにまとめ
てみましたので、ぜひ、チェック
してみてください。


心理的トリガー:
http://virtualinformer.com/download/trigger.pdf



心理的トリガーと合わせて、以前、
私がプレゼントしたマーケティング
の心理学も合わせて見ていただけると
理解度が高まると思います。


何のこと?という方のために、
一応、リンクを載せておきます。


マーケティングの心理学:
http://virtualinformer.com/download/marketing.pdf

posted by すすむ at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。