2014年09月08日

売る為に必要なライティング技術

これはメルマガに限らず、ブログ
などでも使える方法なので、ぜひ、
活用していただければと思います。


いくらいい記事や内容であっても
読者の方に読んでもらえなければ
意味がありません。


例えば、記事の中にあるリンクや
記事の下の方にあるリンクがあまり
クリックされいないのであれば、
書き方を改善する必要があります。


ですが、基本的に読み手は、

・読まない
・信じない
・行動しない

と言われてますので、心配する
ことはありません。


では、読んでもらえるような
文章を書くにはどうすればいい
のでしょうか。


売れる文章を書く流れは基本的
に5つのステップです。


1、オープニング
2、ストーリー
3、スイッチ
4、クロージング
5、PS


それでは解説していきましょう。

------------------------------
1、オープニング
------------------------------

これは簡単な挨拶から始まって、
本題へつなげるための結びです。


いくなり本題に入るではなく、
このワンクッション入れることで、
読み手が本題に入りやすくなります。


近況報告やプライベートな情報
を盛り込むのもいいと思います。


ですが、ここで注意したいのは
オープニングが長くなりすぎない
ようにすることです。


あまりに長くなってしまうと、
タイトルとの関連性がなくなり、
逆に読まれなくなってしまいます。


長さに関しては読み手の反応を
見ながら調整することが大切です。


------------------------------
2、ストーリー
------------------------------

ここは本題の部分になります。


そして、本題にはストーリーを
持たせるようにします。


それは、人は昔から物語が好き
でストーリーがあると、文章に
入り込みやすいからです。


例えば、共感できる話や苦労話
から入って、問題提起をします。


そして、問題を解決する方法や
メリットを提示します。


ここで、読み手が求めている情報
や困っていることを話題にすると
共感が得られやすくなります。


内容が長くなる場合は、最初に
結論を持ってきたり、見出しを
つけてないと文章が理解しづらく
なるので、注意が必要です。

------------------------------
3、スイッチ
------------------------------

ここでは読み手に行動してもらう
ためにどんな人にメリットがある
のかを提示します。


例えば、こんな方にはおすすめです、
といった感じに具体的に行動して
ほしい人のターゲットを明確にします。


これを提示することで、読み手は
行動した方がいいといった感じに
行動へのスイッチが入ります。


人は自分にとって関係がないと
思った時点で行動しなくなります。


なので、どんな人にメリットがあ
るのか、誰に行動してほしいのか、
を提示することが大切です。


------------------------------
4、クロージング
------------------------------

ターゲットが明確になりましたら、
実際に行動を促します。


例えば、

・登録してください。
・見てください。
・ダウンロードしてください。


このように、明確に行動を促す
ような表現を使ってクロージング
します。


また、ここで限定性や希少性を
アピールしたり、メリットを再度、
確認したりするとより効果的です。


------------------------------
5、PS
------------------------------

この部分は追伸で、ヘッドライン
の次に読まれる部分になります。


ほとんどの人は最初の数行を
読んだあとに追伸を読みます。


なので、この部分に本文の中でも
重要な部分を入れるようにします。


追伸があるのとないのでは、反応
が大きく変わってくるので、必ず
入れるようにしましょう。


意味合いとしては、付け足しに
なりますので、あまり長い文章
ではなく、数行に要点をまとめる
ことが大切です。


いかがでしょうか。


これが基本的な文章を書く5つ
のステップになります。


文章の書き方次第で読み手の
反応が大きく変わってきます。


メルマガやブログなどで記事内
のリンクがクリックされない。


あるいは、読み手の反応が悪く
なってきたときはぜひ、試して
いただければと思います。


メルマガの書き方やレイアウト
などに関してはこちらも参考に
していただければと思います。

【誰も教えてくれない大切なメルマガの11のルール】
⇒ http://www.virtualinformer.com/course/index.html



posted by すすむ at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月07日

稼ぐ為には差別化が必要

メルマガ読者から質問を頂き、
シェアした方がいいと思い
お伝えしますね。


自分から商品を買ってくれるのか、
そして、今から始めて稼げるのか
ということですね。


まず、結論から言うと、今から
始めても、稼ぐことは可能です。


でも、買うメリットがなければ購入され
ないというのは事実です。


つまり、アフィリエイトで稼ぐ
ためには、あなたから買うメリット
を明確にしなければならないという
ことです。


これはアフィリエイトに限らず、
どんなビジネスでも一緒です。


なので、お客さんに対して、誰も
提供してないような特別なメリット
を提供できないかを考えなければ
いけません。


例えば、


・何か独自の特典を用意する
・購入者へのサポート
・購入者限定のメルマガ
・自分の情報図書館へのアクセス権利
・本などのプレゼント
・商品の解説動画やオーディオ

 ・
 ・
 ・

などなど。


このように、自分が提供可能な範囲
で、お客さんがあなた以外の誰かから
商品を購入することがデメリットと
思うような圧倒的にメリットの多い
オファーを考えます。


もしかしたら、鋭いあなたはこの
方法は他の人もやっているから、
これだけでは差別化できないのでは...


そう思うかもしれませんね。


確かに有効的な方法として、使われ
ているのは事実です。


なので、ここで大切になるのが、
見込み客との関係性です。


これは見込み客との関係が深ければ、
深いほど購入に大きく影響してくる
というものです。


アメリカのBazaarVoiceが出している
消費行動の調査データでは、


・65%は知り合いの薦めで購入
・27%は専門家の薦めで購入
・8%は有名人の薦めで購入


と言っています。


つまり、関係性の深い人からの
紹介で商品を購入する人が大半を
占めるということです。


独自のメリットを打ち出すこと
も大切ですが、見込み客としっかり
コミュニケーションをとって信頼
を築くことで、それこそが差別化
になるということです。


コミュニケーションの上に信頼、
信頼の上にビジネス。


当たり前と言えば当たり前のこと
ですが、意外と忘れがちなことでも
ありますので、ぜひ、参考にして
いただければと思います。
posted by すすむ at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。