2015年08月23日

アフィリエイトでがっちり売る

アフィリエイトでがっちり稼ぐために
無料レポートを作成しました
・文章を書く前に知っておきたい「人間の欲」3つの特徴
・ブログ記事を短い時間で書き上げる4つの方法

この方法を使うことにより、
今まで中々売れなかったものが売れるようになります。

何故、売れるようになるかというと
人間の欲しいという気持ちにさせてしまう
文章の書き方があるからです。

ここから取得できます
http://www.virtualinformer.com/course/index.html

これから、自分の中に蓄積した知識を吐き出していきますので
チェックして見てください。

ブログ
http://virtualinformer.com/af/

メルマガ
http://www.virtualinformer.com/mailmaga/af/index.html


posted by すすむ at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

仕事が劇的に増えるスキル

ネットビジネスで必ず稼ぐには
これからお伝えするものを、
学べば必ず稼ぐことが出来ます。

今まで、稼ぐことが出来ないあなたも、
これなら必ず稼ぐことが出来ます。

http://cs-x.net/sk/c/04034.html

これができれば、億を稼ぐ
有名起業家などから仕事の依頼が
来るようになり、
あなたの収入は、何倍にも膨れ上がります。

是非、チャレンジしてみてください。
posted by すすむ at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

集客には、YouTubeは必要

集客についてお話したいと思います。


これはネットショップでもブログでも
ホームページでもリアルなお店でも。


どんなビジネスでも共通して言える
ことです。


無料、有料は問わず集客する方法は
たくさんありますが、いずれにせよ
必ずやった方がいいことがあります。


それは、メールアドレスを集めると
いうことです。


アクセスがないのは、アクセスを
コントロールできないからです。


サイトにアクセスをするかしないは
アクセスする人の気分次第です。


アクセスを待っているだけでは人は
やってきません。


これがリアルなお店であれば、
お店の前には勝手に人通りができて、
集客できますが、インターネットでは
そうはいきません。


インターネット上にあるサイト
なんて砂漠の真ん中にあるお店と
一緒です。


つまり、サイトに来てもらえるよう
にこちらからアクションをおこさない
といけないということです。


アクセスした人にメールアドレスを
残してもらい、今度はこちらから
アプローチする。


これの考え方がとても大切です。


一度、アクセスした人を離さない
ようにするにはどうしたらいいのか?


どうしたら、メールアドレスを残して
くれるのか?


これを考えることが集客成功への
第一歩です。


最近の集客に、YouTibeは欠かせないものになっています。


「YouTube?」って思いました?


YouTubeは動画を見るだけではないのです。

やり方次第では、かなりの集客をえることができるのです。

そのやり方は、ここからお伝えしましょう。

では、また後で。

https://beast-ex.jp/fx3924/4


ラベル:集客 YouTube
posted by すすむ at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | YouTube | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

差別化しなければ稼ぐことが出来ない

インターネットのおかけで
稼ぎやすくなったことは言うまでも
ありません。


それは、ブログやソーシャルメディア、
メルマガなどの情報発信するツールが
増えたからです。


ですが、誰でも簡単にビジネスを始める
ことができるので、差別化が難しいのも
事実です。


参入障壁が低いビジネスほどライバル
との競争に悩まされるものです。


なので、大勢いるライバルから頭を
ひとつ飛び出さないといけないわけです。


誰もがやっているやり方で、誰もが
取り扱っているような商品やサービスを
販売してもビジネスは上手くいきません。


それは、あなたから買うメリットが
ないからです。


どうやったら、他の人ではなく、
自分を選んでもらえるのか。


この答えを導きだすことが重要です。


では、その他大勢から抜きん出るには
どうしたらいいのか。


基本的なステップはこの5つです。


1、没頭できるジャンルを決める
2、第一人者となる
3、4大学習法をすべて活用する
4、コンテンツを書き続ける
5、積極的にプロモーションする


では、詳しく解説していきましょう。

ちょっとその前に、
プロフィール画像で差別化」するレポートを
無料で取得できるので是非使ってください。

------------------------------
1、没頭できるジャンルを決める
------------------------------


まずは、自分自身に関連するリストを
作ってみることです。


・自分の好きなことは何か
・何に興味をいただいているか
・何を得意としているのか
・どんな適性を持っているのか
・どんな知識を持っているのか
・どんな経験をしてきたのか
・自分が成し遂げてきたことはなにか


これらの質問をして自己診断して、
その中で最も競争率が低く、一番、
お金になりやすいジャンルを決めます。


意図的に狙ったジャンルより自分が
没頭できるジャンルを優先させることが
ポイントです。


------------------------------
2、第一人者となる
------------------------------

これはその分野において信頼できる
情報源になるということです。


人は、その道の第一人者からの
アドバイスにならお金を払ってもいい
と考える傾向があります。


簡単に言うと、ある分野のリーダー
になるということです。


------------------------------
3、4大学習法をすべて活用する
------------------------------


4大学習法とは読む、聞く、見る、
実践する、この4つです。


つまり、一つのフォーマットではなく、
幅広いメディアで情報発信すること
が重要ということです。


読む:レポートやブログ、メルマガ
聞く:オーディオ、ポッドキャスト
見る:YouTube
実践:ワーク、セミナー


これは、人によって学習形態が異なる
からです。


動画より音声がいいという人もいれば、
音声よりレポートで読む方がいいという
人もいます。


これらをすべて使うことで、最大限
の見込み客に対応することができます。


------------------------------
4、コンテンツを書き続ける
------------------------------

これは既存のコンテンツを絶え間なく
アップデートしていくということです。


見込み客は常に最新のアイデアや方法
考え方、ノウハウを知りたいと望んでいます。


なので、見込み客を飽きさせないように
休むことなく知識を学び、伝えていかな
ければなりません。


------------------------------
5、積極的にプロモーションする
------------------------------


どんなにいい商品やコンテンツが
あってもそこに人が見に来なければ
ビジネスは成り立ちません。


なので、積極的にマーケティングや
プロモーション活動をやっていく必要
があります。


ですが、いきなりお金を掛けることは
できませんので、最初のうちはいろんな
メディアを使って、露出を増やしましょう。


この5つがその他大勢と抜きん出るため
の基本的なステップです。


これからは個人の差別化がとても重要
になる時代です。


今のうちからしっかりと差別化をして
独自のポジションを作っていきましょう。


posted by すすむ at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

突き刺さるキャッチコピーの作り方

インターネットでビジネスをする上で
キャッチコピーの存在はとても重要です。


なぜなら、60%の人は最初の数行しか
文章を読まないからです。


つまり、どんなにいいセールスレター
だとしてもキャッチコピーが弱いと
ほとんど読まれないわけです。


単にセールスレターだけではありません。


メルマガの開封率を高めたり、
ブログの記事を読んでももらうため
にもキャッチコピーが必要になります。


一番、簡単な方法は最大のメリットを
キャッチコピーに入れることですが、
ゼロから考えると大変なので、簡単な
作り方を紹介したいと思います。


この9つのパターンを意識すれば、
誰でも簡単にキャッチコピーを作る
ことができますので、ぜひ、実践して
みてください。


1、無料、安いを前面に出す
2、具体的なノウハウを伝える
3、勝ち組と負け組を比較する
4、希少性をアピールする
5、保証を協調する
6、数字で具体性を持たせる
7、ターゲットに呼びかける
8、分かりやすさを強調する
9、なぜ?を切り口にする


それでは、詳しく解説していきましょう。

------------------------------
1、無料、安いを前面に出す
------------------------------

無料、安いというキーワードは強力な
キャッチコピーです。


例えば、

・○○についての小冊子を無料進呈
・期間限定で○○をプレゼント
・3本買ったら1本タダ


上手に使うことができれば、絶大な効果
を与えることができます。


------------------------------
2、具体的なノウハウを伝える
------------------------------

よく使われるキャッチコピーです。

数字も入れて具体性を入れるとより
効果的です。


例えば、

・引き寄せの法則
・売れる営業の原則
・○○で失敗しないための7つの方法
・ヤル気を引き起こす技術

といった感じです。

------------------------------
3、勝ち組と負け組を比較する
------------------------------

これはよく雑誌などで見かけるキャッチ
コピーです。

かなり反応率のいいキャッチコピー
なのでよく頻繁に使われています。

例えば、

・○○を買って得する人、損する人
・○○をして成功する人、失敗する人
・モテる人とそうでない人の違い

といった感じです。

------------------------------
4、希少性をアピールする
------------------------------

希少価値が高いものには有効的です。

本文中になぜ希少であるのか理由を
書くことで信憑性が増し、より反応が
上がります。

例えば、

・○○人限定です
・1ヶ月5社限定
・あと○時間で終了です

といった感じです。


------------------------------
5、保証を協調する
------------------------------

読み手がはどんな不安を抱えているのか。

それをどうしたら解消できるのかを考え、
保証を打ち出すことが大切です。

例えば、

・ご満足いただけない場合、全額返金します
・がっかりされた方には迷惑料を○円お支払いします

といった感じです。


------------------------------
6、数字で具体性を持たせる
------------------------------


細かく数字を書くことで具体性や信憑性
が増します。

具体性があると人は行動しやすくなる
という特徴もあるので、数字で具体性を
表現できる場合は活用しましょう。

例えば、

・リピート率91.7%
・販売実績9874個
・満足と答えた方 81.3%

といった具合です。


------------------------------
7、ターゲットに呼びかける
------------------------------

これはどんなシーンでも使える
キャッチコピーです。

例えば、

・○○でお悩みの方へ
・あなたも○○をしたいと思いませんか?
・最近、朝起きるのがつらい方へ


とくに悩みを解消する商品やサービスには
なんでも使えます。


------------------------------
8、分かりやすさを強調する
------------------------------

よくテレビや本などで使われる
キャッチコピーです。

分かりやすいことがを打ち出すことで、
行動を起こしやすくなります。


例えば、

・子供でも使える○○
・経済のニュースがよくわかる
・サルでも分かる○○
・小学生でも分かる○○

分かりやすさをアピールできる場合は
積極的に使いましょう。


------------------------------
9、なぜ?を切り口にする
------------------------------

最後に疑問を持たせるキャッチコピー
です。

なぜ?を使うことで読み手の興味を
引くことができます。

ですが、なぜ?の内容に共感されなければ、
効果はありませんので、注意する必要が
あります。


例えば、

・なぜ、あの人は10歳若くみられるのか?
・なぜ頑張っている人ほど上手くいかないのか?
・なぜ目標は達成されないのか?


といった具合です。


少し長くなりましたが、この9つの
いずれかを意識してキャッチコピーを
作れば、反応率が上がるはずです。


ブログやメルマガのタイトル、
セールスページのキャッチコピー、
さらにはツイッターでのつぶやき。


いろんなシーンで使えますので、
ぜひ、活用してみてください。

posted by すすむ at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

後発組でもネットビジネスで成功する

成功の定義は大小、人によって違う
と思いますが、結論から言うとイエスです。


それは情報販売でも、ネットショップ
でも、どんなビジネスでもです。


ですが、注意してほしいのは、他の
人と同じことをやっているだけでは
成功できないということです。


そもそもビジネスとは競争の上に
成り立っています。


ソフトバンクとドコモ、au。


アップルとサムスン。


GoogleとYahoo。


これはネットビジネスも例外では
ありません。


つまり、成功するためには、競争に
勝たなければいけないということです。


ランチェスター戦略にもありますが、
ビジネスにおける強さや優劣とは、
商品力と販売力の2つです。


これは、戦争でいう武器と兵力です。


なので、ビジネスで成功するには、
この2つの差別化を意識しなければ
いけません。


差別化というと難しそうに聞こえる
かもしれませんが、シンプルにあなた
から買う理由やメリットがないとダメ
ということです。


もっと分かりやすく言うと、

------------------------------

○○さんから買うと、●●というメリット
があるから、どうせなら、○○さんから
買おう...

------------------------------

といった具合になるように、●●を
考えるということです。


差別化が上手な例を紹介すると、


大型バイクのシェアNo.1の
ハーレーダビットソン。


ハーレーはバイクを単なる移動手段と
してのバイクではなく、休日を楽しむ
ために乗るものと定義して、


お客さんが参加できるイベントを
年間1000回以上やっています。


つまり、ハーレーを楽しむ場を提供
することで、他のメーカーとの差別化
をしたわけです。


それ以外にも、


酒小売で有名なカクヤス。


廃業する酒店が多い中、3つの強みを
爆発的な訴求力にして、売上やシェア
を伸ばしています。


その3つの強みとは、


1、365日休みなく指定の時間に
2、東京23区ならどこでも
3、缶ビール1本から配送無料


この3つです。


この三拍子で、他のライバルが模倣
できないレベルの差別化をしている
わけです。


このように他との差別化をすること
によって、計り知れないほどの恩恵を
得ることができます。


まずは他の人がやっていないこと、
そして、自分が提供できる価値を
書き出してみる。


その中でも強力な強み3つくらい
に集約する。


そして、その強みを誰もマネできない
くらいとことん強化していく。


これが重要です。


話をまとめると...

------------------------------
ビジネスで成功するには、他の人が
マネできないような差別化のポイント
を作ることが大切。
------------------------------


そして、それをやるには、


------------------------------
1、他の人がやっていない価値を書き出す
2、書き出したものを3つに絞る
3、その3つを強化していく
------------------------------


大切なことなので、考えてみてください。


posted by すすむ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

1人勝ち

1人勝ちとは、
あなたをブランド化し、他の人を
寄せ付けないようにする方法、と
いうことです。


ブランディングとは、見込み客の頭の
中にブランドを築きあげることです。


そして、ブランドを築きあげること
ができることで、大きく売上を上げる
ことができます。


例えば、


シャネル、フェラーリ、ロレックス、
スターバックス...


きっと、これらの名前を聞いて、
こんなことを想像すると思います。


ロレックスと聞けば、高級時計。


フェラーリと聞けば、赤い高級
スポーツカー。


まさにこれがブランドの力です。


たとえ、同じ商品だったとしても、
ブランドがあるだけで購買意欲を
かき立てる。


ブランドがあるだけで1万円の商品
が10万円になる。


ブランディングとはマーケティング
の中でもとても強力かつ影響力をもつ
コンセプトです。


でも、実際に自分でやるとなると...


・資金力がなければ厳しいのでは...
・個人では難しいのでは...


そう思うかもしれません。


ですが、心配は入りません。


もちろん、一夜でブランドが出来上がる
ものではありませんが、ある法則を意識
することで、誰でもブランドを構築する
ことができます。


その法則とは...


現代マーケティングの第一人者と
言われているアル・ライズが提唱した
ブランディング22の法則です。


彼はブランディングのプロとしても
有名ですが、自分の娘と2人で共同
経営していることでも有名です。


これ自体がブランディングの一つ
だと思いますが...


彼のサイトでは、ブランディングに
関するテクニックをたくさん紹介して
いるので、とても参考になります。

ブランディング22の法則



彼の手にかかれば、単なるハンマー
も爆発的に売れるようになります。


ブランディング22の法則



22個の法則をすべて紹介することは
できませんが、今日は3つの法則を紹介
したいと思います。


1、色調の法則
2、収縮の法則
3、言葉の法則


それでは入っていきましょう。


------------------------------
1、色調の法則
------------------------------


これは色によって、ブランドを際立た
せる方法です。


例えば、

ティファニーの箱の色が独特の緑
かかったブルー。

ポカリスエットのボトルはブルー。


一貫性をもった色を使うことで、
ブランドを見込み客の頭の中に焼き
付けることができます。


・白は清純を表す色
・黒は贅沢を表す色
・青はリーダーシップを表す色
・赤はエネルギーを表す色
・緑は環境や健康を表す色


商品やサービス、自分の雰囲気に
あった色に照準を合わせることが
大切です。


また、ライバルと反対の色を使う
のも一つの方法です。


------------------------------
2、収縮の法則
------------------------------


この法則はカテゴリーを絞り込むと、
ブランドが強力になるというものです。


分かりやすく言うと、カテゴリーを
広げるのではなく、一つに絞り込み
そのカテゴリーを支配するという
ことです。


コーラは世界市場の70%のシェア。


マイクロソフトはOSの89%のシェア。


このように1つのカテゴリーに絞り込む
ことが大切です。


守備範囲を広くするのではなく、
小さなカテゴリーや一つのカテゴリー
で独自のポジションを築く。


そして、そこから守備範囲を徐々に
広げていく。


とにかくニッチでもいいので、
一番を目指すということです。


------------------------------
3、言葉の法則
------------------------------


これはブランドと言葉をひもづけ、
見込み客の頭の中に言葉をイメージ
させるということです。


BMW=運転して心地よい車
クリネックス=ティッシュ
モンブラン=高級万年筆


つまり、●●と言ったら○○とイメージ
やカテゴリーを連想させるという
ことです。


それとなく表す表現を見つけて、その
メッセージを一貫して打ち出していく
ことが大切です。


そうすることで、そのメッセージが
あなたのブランド構築へ繋がっていきます。



いかがでしょうか?


ブランディングは最も影響力をもつ
マーケティング手法です。


それ以外にも、


信頼力の法則や形状の法則、一貫性
の法則など全部で22の法則があります。


ブランディングをしっかり身につける
には、アル・ライズの本を手に取って
いただければと思います。


一章に一つの法則といった具合に
分かりやすく解説しています。


この1冊だけあれば、ブランディング
についてはすべて網羅できますので、
ぜひ、チェックしてみてください。

ブランディング22の法則
posted by すすむ at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

最強のスキル

ビジネスをやる上で、必要なスキル
はたくさんあると思います。


とくにビジネスをインターネットで
やるでのあれば、より多くのスキルが
必要だったりします。


パソコンをある程度、使えることは
もちろんのこと、HTMLやデザイン、
マーケティング、SEO...


簡単にできるように思えて、意外と
必要なスキルが多かったりします。


ですが、すべてを完璧にマスター
する必要はありません。


なぜなら、自分に足りないものは他の
人に補ってもらえばいいからです。


ですが、これだけはしっかり学んだ
方がよいスキルがあります。


それは、文章を書くスキル。


つまり、コピーライティングです。


ビジネスは文章がそのほとんどを
支配していると言っても過言では
ありません。


コピーライティングは単に文章を
書くための能力ではありません。


文章の力で人を動かすことができる
スキルです。


まさにこのようにです。


コピーライティングの恐ろしさ



文章の力で人を動かすことができると
いうことを表現した、いい例だと思います。


・売れる文章を書きたい
・セールスレターの成約率を高めたい
・メルマガの反応率を高めたい
・広告やDMの費用対効果を高めたい


そう思っているあなたにはこの
レポートがおすすめです。


コピーライティングの基本的な概念を
きっちり押さえたレポートです。

最強のスキルコピーライティング


posted by すすむ at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | コピーライティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

売れないメルマガの理由

最近、メルマガに関する
質問や相談をたくさんいただきます。


そして、そのほとんどがメルマガを
始めましたが、なかなか売上が上が
りません、というものです。


メルマガはどんなビジネスにも
使える万能のツールです。


ですが、その反面、使い方を間違え
ると、全く結果が出ない。


こんなこともよくあります。


売上が上がらない原因はたくさん
あると思います。


ですが、大きな原因は2つです。


1、読者さんの役に立っていない
2、コンテンツと広告のバランスが悪い


この2つを改善することで、間違い
なく結果が出てきます。


それでは詳しく解説したいと思います。


------------------------------
1、読者さんの役に立っていない
------------------------------


メルマガはテレビやラジオと一緒で、
自分で持つことができるメディアです。


なので、視聴率の悪いテレビ番組が
なくなるのと一緒で、役に立たない、
あるいは、面白くないメルマガは売れ
ません。


当たり前といえば、当たり前ですが、
とても重要なことです。


では、役立つメルマガを書くには、
どうすればいいのでしょうか。


答えは簡単です。


自分が書きたい記事を書くのではなく、
読者さんが読みたいと思う記事を書く。


そして、それを誰でも分かるように
シンプルにあなたの言葉で書く。


これだけです。


読者さんが唯一、興味があること。


それは読者自身のことです。


なので、読者が何を望み、何に悩んで
いるのかをリサーチして、その解決策
を提供しなければなりません。


読者さんにとって役に立った結果、
少し遅れて売上がついてくると覚え
ていただければと思います。


それと前にも紹介したので、すでに
持っている方も多いと思いますが、


役立つコンテンツの書き方について
はこの本がおすすめです。


いい本なので、返金する人はいないと
思いますが、一応、返金保証もついて
ますので、リスクはゼロです。


まだでしたら、手に取っていただけ
ればと思います。


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4532605377/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4532605377&linkCode=as2&tag=muryoudekaseg-22




------------------------------
2、コンテンツと広告のバランスが悪い
------------------------------


これはメディアビジネスの基本です。


4大メディアというとテレビ、雑誌、
ラジオ、新聞になりますが、メルマガ
やフェイスブック、ブログなども同じく
メディアになります。


そして、どのメディアもそうですが、
メディアを使ったビジネスは基本的に
2つの要素によって成り立っています。


その2つとは、コンテンツと広告です。


テレビで例えると、番組はコンテンツ、
広告はコマーシャル。


テレビに限らず、雑誌や新聞にも
同じく記事と広告があります。


これはメルマガも一緒です。


ここで大切なのは、コンテンツと
広告のバランスです。


例えば、


楽天などで商品を買ったりすると、
買ったお店から商品がずらっと並んだ
メルマガが届いたりしますが毎回、
読む気になるでしょうか。


それ意外にも、


3分に1回、CMが入るようなCM
ばかりのテレビ番組があったら、
どうでしょうか。


きっと見る気がしないと思います。


もっと言うと、


気になる異性に対して毎日、好きです、
愛してます...ってメールを送ってたら
相手はどう思うでしょうか。


きっと、いつしかメールを開くこと
すらしなくなると思います。


つまり、何が言いたいのかと言うと
コンテンツのない広告は読まれない、
ということです。


このことを知っていると、自然と
メルマガの使い方も分かってくる
と思います。


一度、読まれなくなったメルマガを
再度、読んでもらうのはとても労力
がかかります。


なので、送る前にしっかり広告と
コンテンツのバランスを考えて送る
ようにしていただければと思います。


それと、1通目のメールは2通目を
読んでもらうためのメール。


そして、2通目のメールは3通目を
読んでもらうためのメール。


このようにメールは繋がっていると
考えると、自然と送るメールの質も
高まっていきます。売れないメルマガの理由


というもの最近、メルマガに関する
質問や相談をたくさんいただきます。


そして、そのほとんどがメルマガを
始めましたが、なかなか売上が上が
りません、というものです。


メルマガはどんなビジネスにも
使える万能のツールです。


ですが、その反面、使い方を間違え
ると、全く結果が出ない。


こんなこともよくあります。


売上が上がらない原因はたくさん
あると思います。


ですが、大きな原因は2つです。


1、読者さんの役に立っていない
2、コンテンツと広告のバランスが悪い


この2つを改善することで、間違い
なく結果が出てきます。


それでは詳しく解説したいと思います。


------------------------------
1、読者さんの役に立っていない
------------------------------


メルマガはテレビやラジオと一緒で、
自分で持つことができるメディアです。


なので、視聴率の悪いテレビ番組が
なくなるのと一緒で、役に立たない、
あるいは、面白くないメルマガは売れ
ません。


当たり前といえば、当たり前ですが、
とても重要なことです。


では、役立つメルマガを書くには、
どうすればいいのでしょうか。


答えは簡単です。


自分が書きたい記事を書くのではなく、
読者さんが読みたいと思う記事を書く。


そして、それを誰でも分かるように
シンプルにあなたの言葉で書く。


これだけです。


読者さんが唯一、興味があること。


それは読者自身のことです。


なので、読者が何を望み、何に悩んで
いるのかをリサーチして、その解決策
を提供しなければなりません。


読者さんにとって役に立った結果、
少し遅れて売上がついてくると覚え
ていただければと思います。


それと前にも紹介したので、すでに
持っている方も多いと思いますが、


役立つコンテンツの書き方について
はこの本がおすすめです。


いい本なので、返金する人はいないと
思いますが、一応、返金保証もついて
ますので、リスクはゼロです。


まだでしたら、手に取っていただけ
ればと思います。


最も参考になる本




------------------------------
2、コンテンツと広告のバランスが悪い
------------------------------


これはメディアビジネスの基本です。


4大メディアというとテレビ、雑誌、
ラジオ、新聞になりますが、メルマガ
やフェイスブック、ブログなども同じく
メディアになります。


そして、どのメディアもそうですが、
メディアを使ったビジネスは基本的に
2つの要素によって成り立っています。


その2つとは、コンテンツと広告です。


テレビで例えると、番組はコンテンツ、
広告はコマーシャル。


テレビに限らず、雑誌や新聞にも
同じく記事と広告があります。


これはメルマガも一緒です。


ここで大切なのは、コンテンツと
広告のバランスです。


例えば、


楽天などで商品を買ったりすると、
買ったお店から商品がずらっと並んだ
メルマガが届いたりしますが毎回、
読む気になるでしょうか。


それ意外にも、


3分に1回、CMが入るようなCM
ばかりのテレビ番組があったら、
どうでしょうか。


きっと見る気がしないと思います。


もっと言うと、


気になる異性に対して毎日、好きです、
愛してます...ってメールを送ってたら
相手はどう思うでしょうか。


きっと、いつしかメールを開くこと
すらしなくなると思います。


つまり、何が言いたいのかと言うと
コンテンツのない広告は読まれない、
ということです。


このことを知っていると、自然と
メルマガの使い方も分かってくる
と思います。


一度、読まれなくなったメルマガを
再度、読んでもらうのはとても労力
がかかります。


なので、送る前にしっかり広告と
コンテンツのバランスを考えて送る
ようにしていただければと思います。


それと、1通目のメールは2通目を
読んでもらうためのメール。


そして、2通目のメールは3通目を
読んでもらうためのメール。


このようにメールは繋がっていると
考えると、自然と送るメールの質も
高まっていきます。


大切なことなので、ぜひ、覚えて
いただければと思います。






大切なことなので、ぜひ、覚えて
いただければと思います。


posted by すすむ at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

役に立つ記事を書く方法

メルマガ読者からの質問が来ましたので
共有致します。


いつも勉強になるメルマガをお送り
いただきありがとうございます。

今日は質問があってメールさせていた
だきました。

つい先日からメルマガアフィリエイト
を始めたのですが、なかなか記事を書く
内容が思う浮かばず苦戦しています。

役に立つ記事を書くのには
どうすればいいのでしょうか。

勉強して知識を増やすことは大切だと
思いますが、何かコツのようなものが
あれば、教えていただけると幸いです。

素人な質問ですいません。

よろしくお願いします。

------------------------------

ご質問ありがとうございます。


役に立つ記事を書く方法について
ですね。


それではお答えしたいと思います。


ご存知のとおり、メルマガは読者
さんがいてはじめて成り立ちます。


なので、読者さんが悩んでいること
や困っていることを解決できるよう
な情報を届けなければなりません。


つまり、読者さんの悩みに答えると
いうのが、一番、役に立つ情報にな
るということです。


それをやるには読者さんから直接、
何に困っているのかを聞いてみるの
が一番です。


ですが、最初のうちは、アンケート
などをやってもあまり数が集まらない
のが、現実だったりします。


そこで役立つのが、Q&Aサイトです。


Q&Aサイトとは、その名の通り、
掲示板に質問を投稿すると、それ
を見た人が回答して、問題を解決
するというサービスです。


例えば、


ネットショップの売上を上げる方法
をテーマにしたしているのであれば、
Q&Aサイトで"ネットショップ 悩み"
などと検索してみる。


アフィリエイトで稼ぐ方法をテーマ
にしているのであれば、Q&Aサイト
で"アフィリエイト 悩み"などと検索
してみる。


そうすると、それに関連した質問と
その回答がたくさん出てきます。


こんな感じにです。

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/



あとは、出てきた質問をチョイス
して、その質問の答えになるような
記事をメルマガで届ける。


これで、読者さんのニーズに合った
記事を毎回、書くことができます。


まずは読者さんがどんなことを
知りたがっているのかを聞いてみる。


それと合わせてQ&Aサイトで読者さん
が悩んでそうなことをリサーチする。


これをやるだけで記事の内容には
困らなくなると思います。


また、読者さんが抱えている悩みを
先回りして答えることで、信頼にも
つながりますので、ぜひ、試してい
ただければと思います。


posted by すすむ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。